京大院生の備忘録

人との交流が途絶えた大学院生の日々の出来事や考えを遺した備忘録

twitterを始めて思ったこと

失礼します。次田です。

 

前回の記事から1週間以上も経ってしまった。

今回は生存報告とtwitterを始めて思ったことが内容なので、中身は薄いかもしれない。

 

生存報告

 

うちの研究室は毎週金曜日にゼミが行われる。

ゼミにおいて、"発表"の時間があり、2~3週に1回の頻度でその番が回ってくる。

その発表とは、準備に膨大な時間を要するが、結果としてただただストレスが生まれるだけの無意味な時間だ。

 

この話はいずれ詳しくしたいと思う。

今週はその発表の番が僕で、準備に追われ、書きたいことは沢山あるが書けなかったのである。

ブログを始めたばかりで、どうしても1つ記事を書くのにも色々と考えて時間が掛かってしまうため、慣れていきたい。

 

 

twitterを始めてみて

改めて、twitterの話。

上記の通り、twitterを始めました。

 

ユーザー登録をして、右も左もわからずにはてなブログ」で検索にかかったオススメに挙げられている方々を何人かフォローして。

その日はお二人からフォロバをいただいたので、お礼をしてブログを拝見した上で読者登録もさせていただいて。

そしたら次の日、20人ほどからフォローしていただいて。

 

全員にお礼を返した方が良いだろうと思う。たとえSNS上でも礼儀はきちんとしたい。

しかし、はてなブロガー同士は既につながりも多いと思われる。

そんな中で僕が一斉にお礼の返信をしたら、

 

「同じような文章を色んな人に送り付けている…」

「見にくくなるので迷惑だ…新人のくせに…」

 

と思われてしまう。

(実際は、気付かれさえしないとは思う。コミュ障特有の被害妄想である。)

 

ただ、みなさんのブログを流し読みして適当に返事する訳にもいかず…。

 今週からは時間的にも精神的にも余裕ができるはずなので、フォローしてくださった順番が古い方からブログを拝見することにしよう。

 

twitterを始める前は、(実質1つしか書いてないが)記事をアップしても当然、ネットの大海に埋もれるだけだ。

アクセス数は総計で2とかだったと思う。発見してくださった方には心から感謝している。

 

しかし、twitterを始めて一週間、おかげで30人ほどの方が見てくださった。

その感想はどうであれ、自分の発信した言葉を他人が見てくださるということはとても楽しい。

 

前回の記事には、スターやブックマークをしてくださる方もいた。

 

tsugitain.hateblo.jp

 

そして、今までははてなブログのトップページに表示される人気記事しか見なかった(知らなかった)が、

twitterでフォローしてくださった方々のブログを訪れて、その記事を見て、

 

「もし自分がブログを始めていなければ、twitterを始めていなければ、この素敵な文章と出会うことはなかったのか」

 

と実感した。とてももったいないことをしていた。

せめて大学生の内にブログを始めるということを思いつけば良かった。

あの頃は、情報を発信したい、他の人の考えを聞きたい、でも機会がない、と悶々としていたのだ。

 

他の人のブログを見て、他人の人生や考え方を覗くことができるのは、本当に楽しい。

 

さいごに

そんなこんなで、忙しいのも相まって、自身で記事を書くことを一週間も放置してしまった。

とりあえず、ツイートもしたのですが、はてなブログを始めてとても楽しんでおります。

 

(文章の一部のフォントがなぜか小さくなる現象はどう対処したら良いのだろう…)

そんなことを思いながら、今日はこれで終わりとさせていただきます。