京大院生の備忘録

人との交流が途絶えた大学院生の日々の出来事や考えを遺した備忘録

はてなブログProに憧れる弱小ブロガー

失礼します。次田(@tsugitain)です。

今日はブログのお話。

プロになりたい

プロフェッショナルとは響きのよい言葉。

スポーツのプロ、芸術のプロ、職人のプロ……
誰しも何かしらのプロの道に進みたいと一度は思ったことがあるでしょう。

プロの道は、決して生計を立てるための仕事だけではなく、
趣味の道にも開かれているべきだと考えます。

たとえ趣味でもあるものを極めるって素晴らしいことじゃないですか。

そこでふと、はてなブログProの存在に気付いたのです。

他のブロガーさんの記事を拝見した時。
はてブを貰ってどなたから頂いたかプロフィールを確認する時。

様々なタイミングで、idの横に光る「Pro」の文字が目に入る。

カッコイイ。

僕も弱小ブロガーながら記事を書いている人間。
言わば「素人」です。「はてなブログ素人」です。

当然のごとく「プロ」という響きに惹かれます。

はてなブログProの利点と欠点

Proになるメリットについては数多くのブログで解説されており、
何番煎じになるかわからないので項目一覧だけ公式ページからコピペしておきます。

・最大10個の複数ブログ
・毎月3GBまでの写真アップロード容量
・過去50件の編集履歴
・広告非表示
独自ドメイン対応
スマートフォン表示にHTMLを追加
キーワード自動リンクオフ
・ヘッダとフッタを非表示
・複数人でブログを管理
・カテゴリー別記事一覧ページのカスタマイズ
・AMP対応
・記事URLを引き継いでインポート
・固定ページ

正直、「どうでも良い」機能はいくつかありま……
いえ、素敵な機能ばかりですね。非常に魅力的です。

欠点を強いてあげるなら、有料ということでしょうか。
Proになって逆に制限されるようなことはなさそうです。
むしろ、無料でも十分に利用できるはてなブログのサービスに感謝すべきですね。

Proになるということ

「ネットで稼ぎたい!」「ブログで趣味と仕事を両立させる!」
という方々は迷わず申し込んで独自ドメインを取って広告を貼るのでしょう。

実際にはてなブログPro界隈では毎月PVと収益を報告する慣習があるようです。
あれは、Pro同士が切磋琢磨している構図だと解釈しています。

ただ、問題は、趣味として雑記ブログを書いている人たち。
ありがたいことに無料でもブログを楽しむことはできますが、
果たして月額1008円(2年コースで毎月600円)支払う価値があるか。

僕は「考えをアウトプットしたい!」「色々な人と交流したい!」という目的で
はてなブログというサービスを選び、今こうして記事を書いています。

もちろん多くの方に見てもらいたい気持ちはありますが、
過激な記事を書いて炎上させたり、営業や互助会のような行為をしたりしてまで
注目を集めてPVを稼ぎたいつもりは全くありません。

普通に書きたいことを書きたい。

その上で、個人的に惹かれるポイントは、
スマホHTML追加とキーワードリンクのオフです。

スマホでも読みやすいようにブログをカスタマイズしたい。
あと、固有名詞を書くたびに謎のリンクを強制的に入れられたくない。

広告問題が気になる

そして、やはりカギとなるのは広告問題。

確かにはてなブログ界隈では、
広告の申請の仕方やポイントを指南する記事から、
アドセンス審査に苦労している人の記事まで、毎日のように見かけます。

はてな側の広告を外して独自の広告を貼る。
それで月額1008円分だけでも稼げたらトントンどころか丸儲けです。

文字にすると非常に簡単そうに聞こえますが、
実際はかなり険しい道であることは素人の僕でもわかります。

それだけの自信と覚悟がある人がProの道に進むのでしょう。
僕はまだまだ修行が必要そうです。


ご覧いただきありがとうございました。

是非とも読者登録よろしくお願いいたします。