京大院生の備忘録

人との交流が途絶えた大学院生の日々の出来事や考えを遺した備忘録

【シャドバ】2017年7月31日のナーフを解説!【初心者・Master】

今日はシャドウバースのお話。

2017年7月31日に実施予定のナーフについて考察します。
マスター帯から初心者の方まで広く伝わるように意識します。

一個人の感想なので、参考程度にご覧ください。
ちなみにサイゲームズのページはこちら。

7月31日メンテナンス時のカード能力とコストの変更について | News | Shadowverse【シャドウバース | シャドバ】公式サイト | Cygames


それでは、テキストについて可能な限り省略します。

《トーヴ》
【進化前】
・攻撃力3/体力3→攻撃力2/体力2
・このフォロワーは攻撃不能。自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、突進 を持ち、攻撃可能になる。
 →自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、突進 を持つ。
【進化後】
・攻撃力5/体力5→攻撃力4/体力4
(以下、進化前と同文のため省略)


2コストのフォロワーのスタッツは2/2が基本です。
そのため、同じ2コス相手との交戦ではトーヴが一方的に勝つことが多かったですね。

現環境では《アリス》を始めとするニュートラル(以下、N)フォロワー軸が強く、
デッキにNフォロワーを多く投入することで攻撃不能のデメリットは気になりません。
この7月が「先行環境」(先行が有利)と言われる原因となったカードの1枚です。

ナーフ後は、攻撃と体力が1ずつ下がった代わりに、攻撃不能の制限が消えました。
序盤では2/2/2のスタッツは標準的であり、終盤では突進を活用してもハンド2枚で2点までしか取れないのは微妙ですね。
体力の低い相手を処理する目的であれば、ヴァンプなら《豪拳》《緋色》など優秀なフォロワーが多いです。

よって、《アリス》による恩恵も考えて、他の2コスNフォロワーを採用する方が良いと思われます。



《バフォメット》
【進化前】
・ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
 エンハンス 5; その後、そのコストを-3する。
 →ファンファーレ ヴァンパイア・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。


ナーフ前は、N軸で序盤の盤面を制圧し、後述の《昏き》でフィニッシュするN軸ヴァンパイアが大流行しました。
《昏き》以外のフォロワーを攻撃力5未満になるように構築することで確実に《昏き》をサーチ出来たため、
5T目に《バフォ》プレイ、6t目に《昏き》プレイ、7T目で進化殴りで16ダメージ削って勝つ、というパターンも多かったです。
(次第に《キャット》を採用するデッキも増加していましたが。)

今回のナーフで「そこまでするか…」という声が漏れそうなほど弱体化されましたね。
《ドラゴサモナー》のように1枚だけ入れるならアリかなと。
(2枚以上投入すると、同名カードをサーチしてしまう可能性があるため。)



《昏き底より出でる者》
【進化前】
・潜伏
 このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のリーダーに6ダメージ。
 ラストワード このフォロワーが潜伏 状態で破壊されたなら、相手のリーダーに6ダメージ。
 →ダメージがともに5ダメージに。
【進化後】
・潜伏
 このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のリーダーに8ダメージ。
 ラストワード このフォロワーが潜伏 状態で破壊されたなら、相手のリーダーに8ダメージ。
 →ダメージがともに5ダメージに。


7月に登場した新パック「ワンダーランド・ドリームズ」の中で間違いなく最悪のカード。
プレイされると、ほぼ確実に6ダメージは受ける覚悟をしなければなりません。
上述した展開により、対策していなければ最短で7T目に16ダメージが飛んできます。恐怖。

潜伏フォロワーは処理できる手段が少ないです。
よって、対策可能なビショップとネクロは何とか生き残り、他のリーダーはほぼ瀕死という状態でした。
(ビショは《裁判所》《テミス》、ネクロは《カムラ》など)
なぜつくった。

ナーフによりダメージ量が大幅に減少しました。
《バフォ》の実質消滅によりプレイに必ず8コス必要なため、これで適正レベルですかね。



《ゴブリンリーダー》
・コスト3→コスト4
【進化前】
・攻撃力1/体力2→攻撃力2/体力3
【進化後】
・攻撃力3/体力4→攻撃力4/体力5


3コスのNフォロワー。自分のターン終了時に《ゴブリン》(1/1/2)1体を出すという効果をもつ。
特に先行3T目でプレイされると、後手はまだ進化できないため盤面を返せないことが多いです。
《ゴブリン》が1体でも残ると、次のターンに《アリス》や《フェリア》などで大きくライフを削られることになります。
これも先行環境となった一因ですね。

ナーフにより、コストとスタッツが全て1ずつ上昇しました。
4コスであれば相手プレイヤーも進化などで盤面を取り返せる可能性が増えるため、良い調整です。
個人的に、「リーダー」であれば最初から部下より高いスタッツであるべきだったのでは…とも思いますね。



《風の軍神・グリームニル》
【進化前】
・守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。
→守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。


3/2/3で守護もちのNフォロワー。エンハンスが無くても十分に強い。
終盤のデッキトップ勝負の場面で、《グリームニル》のエンハンス効果の4ダメージで勝敗が決まることは珍しくありません。
様々なデッキに採用されるため、Nカードであるこれでゲームが終わると、少し複雑な気分になりました。

ナーフにより、プレイヤーにはダメージが入らなくなりました。
それでも現環境では《アリス》や《フェリア》などを投入したN軸のデッキタイプは数多く存在し、
Nカードが活躍する現環境では十分に強力なカードであると言えますね。



《ウロボロス》
【進化前】
・ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。
→ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。


8/8/4のドラゴンフォロワー。
消滅させなければ処理しても何度もプレイされ、その度にこちらは3ダメ貰い、相手は3点回復するという強カード。
消滅が得意なビショップでもこのカードの処理には苦労させられます。
(《法典》《審判者》など、体力3以下のフォロワーを消滅させるカードが多いため。)

攻撃力が8と非常に高いので、処理しないとライフに大ダメージを受け、処理しても何度も蘇るためこちらの手札が息切れする。
これ1枚を出されるだけで降参せざるを得なくなるデッキも珍しくはないです。(特にロイヤル)

ナーフ後はプレイヤーの回復が無くなるため、横に展開することでウロボロスを出されても強引に突破することが可能となります。
ドラゴンの切り札のまま残れるでしょうか。



《スノーホワイトプリンセス》
【進化後】
・体力3→体力2

ビショップのフォロワーであり、ラストワードで(1度のみ)進化した状態で復活させるという強力な効果をもちます。
最初は1/2だが、復活後(進化後)は2/3となり、自分ターンであればそのまま相手フォロワーと戦闘することが可能です。
《トーヴ》の項目でも説明した通り、進化後は体力が3であったため、2コス同士の戦闘では一方的に勝てることが多かったです。

戦局を大きく変える効果ではないためあまり目立たないものの、
低コスカードにアミュレットが多く序盤が弱くなりがちなビショップを大幅に強化したカードですね。

ナーフにより進化後の体力は2に抑えられたため、他の2コスフォロワーと相打ちになりやすくなりました。
これは大幅な弱体化で、レジェンドカードらしい強さは全く消え失せましたね。
それでも除去に強いことには変わらず、《忠犬》との相性は健在ですが。



これで以上です。

個人的には、今回のナーフで最も激しく弱体化されたカードは《スノプリ》だと思います。
(《バフォ》は《昏き》や《キャット》の存在があってこその強さであったため。)

僕は1枚引いて2枚生成しましたが、分解するかどうかはゆっくり考えたいと思います。(恐らくしないですが。)


ナーフ後の8月からの環境は、まず《ヘクター》を主軸としたネクロマンサーが支配すると予想します。
前環境では環境のトップに君臨していましたが、この7月もヴァンパイアの陰でかなり猛威を振るっていました。
本ナーフにより環境が低速化した今、ネクロマンサーが再び他のデッキを蹂躙するでしょう。

というかドラゴンの台頭を予想して《グリームニル》と《ウロボロス》をナーフするなら、同時に《ヘクター》も弱体化して。
何なら《ゾンピパーティ》も調整してくれて構いません。

あとついでに、《アリス》を放置した理由も解らないです。新パックの看板であるからでしょうか。
《ゴブリー》が同じ4コス帯になったから脅威にはならないと考えたのかもしれません。


そして、ネクロがトップに立つと、比較的対抗しやすいビショップも増加するでしょう。
《飢餓》を積んだヴァンプや、超越ウィッチも対抗馬となりえます。

また、アグロヴァンパイアやN軸ウィッチなんかも伸びそうですね。


ちなみに僕は《昏き》という異常なカードを見たくないあまり、この7月はあまりランクマッチには潜りませんでした。
皆さんも新しい環境を楽しみましょう。